しわ予防のための睡眠

おすすめ

アイクリーム

アイクリーム

ランキング

しわの美容液

しわの化粧水

しわ予防のための睡眠とは?

しわ 睡眠

 

睡眠不足だと肌が荒れることは、皆さん経験ずみかと思います。日常生活が忙しいとついつい睡眠不足になりがちです。

 

しわを予防して美肌づくりのためには、睡眠の大切さを知っておきましょう。

 

肌は常に新しい細胞ができて、古い細胞を脱ぎ捨てて美しい肌が保たれています。この新しい肌への生まれ変わりは主に夜寝ているときに行われます。

 

睡眠では、成長ホルモンが分泌されて新しい細胞ができて肌のダメージを修復してくれています。睡眠が妨げられる、睡眠不足や、睡眠の質が悪くなると肌の代謝が妨げられるので当然、朝の肌はくすんだり荒れたものになります。

 

肌が荒れた人で、この人夕べ寝れなかったのかな?と思い聞いてみると結構当たってしまうのも寝不足で肌の代謝が上手くいかなかったことによるものです。

 

肌の代謝が上手く行われるためには、1日6時間は必要です。また睡眠も最初の3時間が大切で成長ホルモンは、この時間に多量に分泌されるのです。ですから、この最初の3時間を熟睡できる環境を整えることが必要です。

 

夜10時から深夜2時は睡眠のゴールデンタイムだと聞いたことはありませんか?

 

人間の体内時計は朝日を浴びて、約14時間経つと、体は睡眠に向けて準備をするようになっています。このようなことを考慮して自分の睡眠環境を整えることこそしわ予防のためには大切です。

睡眠の質を高める

しわ 睡眠

 

寝つきが悪い、充分寝たはずなのになぜか眠い、眠りが浅いという人はかなり多いものです。

 

特にパソコンやスマートフォンを長くする人はこのような悩みを持つ傾向にあります。

 

私たちの身体は、昼間は交感神経が優位に働いて、夜は副交感神経が優位になるようにシフトしています。

 

この切り換えが上手くいかないと寝つきが悪くなります。切り換えが悪くなる原因として、カフェインの摂りすぎ、パソコン、スマートフォンの光る刺激です。

 

寝る前には、カフェインを控えること夜8時以降は摂らないようにすること、パソコン、スマートフォンも極力見ないようにしましょう。

 

また就寝前にお風呂に入って、身体を温めると睡眠にスムーズに入ることが出来ます。

いびき予防のための「横向き寝」のすすめ

しっかり寝たはずなのに、身体がだるい疲れが取れないという人は、寝ているときに「いびき」をかいているかも知れません。自分では自覚がないかも知れないので、家族に確かめてみるか、就寝中に録音して確かめてみることも必要です。

 

睡眠 いびき

 

いびきはなぜ起こるかというと、睡眠に入ると全身の筋肉に緩みが起こります。特に、いびきの原因は舌の筋肉が緩んで舌の重みで気道を塞ぐことで、いびきをかくようになります。

 

 

いびき予防の横向き寝

そこで、いびき予防におすすめなのが、「横向き寝」です。横向きに寝ることで、たとえ舌の筋肉が緩んだとしても舌が気道を塞ぐことはありません。

 

いびきをかくのと、いびきをかかかないとでは、就寝中の酸素摂取量は大きく異なります。だいたい約5倍の差が出ると言われています。

 

つまり、いびきをかくと窒息状態が続いていることになります。このような状態では、肌の代謝に必要な酸素を確保することも難しくなります。

 

 

ここで、見直されている「横向き寝」ですが、デメリットもあるのです。枕の高さにあります。一般の枕は横向き寝を想定していません。ですから、そのままで「横向き寝」になると体の重心が曲がったままになってしまいます。

 

すると左右不対称になり骨盤の歪みにつながります。このように寝るときの姿勢も充分に考慮する必要があるのです。

 

そこで、今注目を浴びているのが、「横向き寝専用枕」です。この枕は、横向きの重心の歪みを直して、快適な睡眠にしてくれる優れものとして、雑誌などのメディアでも紹介され始めています。

 

睡眠 横寝

 

 

特許取得の横向き専用まくら「YOKONE2」

 

 

 

いびきをかいて、睡眠が悪いという人にはおすすめのものといえます。このように、しわ予防のためには睡眠環境を整えるということを忘れないようにしたいものです。