女性の肌とホルモンの関係

おすすめ

アイクリーム

アイクリーム

ランキング

しわの美容液

しわの化粧水

女性の肌とホルモンの関係とは?

肌 女性ホルモン

 

生理の前になると肌がかさつく、ニキビができやすくなったりしませんか?これはホルモンが変化することによって肌が影響を受けるという証拠です。

 

女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つのホルモンがあります。「エストロゲン」は、生理が起こると高まり肌を安定させみずみずしくさせてくれる作用があります。

 

「プロゲステロン」は生理の後に高まって皮脂が多くなりニキビやシミ、むくみにもつながります。精神的にはイライラなどの症状も出てきます。

 

この女性ホルモンは毎月変化しますが、年齢と共に減少していきます。「エストロゲン」は、若さ、みずみずしさを保つホルモンでコラーゲン、水分量を増やすし髪も豊かにしてくれます。この女性に大切な「エストロゲン」は、20代が最大で30代半ばからだんだんと減り、40代以降は急激に減少していくのです。

 

このように、女性の肌はホルモンの影響を受け、一か月の中でも変化するし一生の中でも変化するものであるということです。私たちがこの変化を知って正しいスキンケアをしていくことがシワ予防にもつながるのだいえるのです。

 

一生の変化を整理すると・・・

 

 

年代別の女性ホルモンと肌の変化とは?

しわ エストロゲン

 

15歳〜25歳

美しい肌だが、ニキビやテカリに悩む場合がある。

 

「エストロゲン」が思春期から急激に増えて、25歳で最大になります。コラーゲンによりお肌に弾力を与えシミもありません。

 

成長ホルモンも著しく多いので肌のターンオーバーも速いサイクルでキメがキレイな状態です。でも男性ホルモンの多い時期でもあるので脂性肌にもなりやすい時期でもあります。

 

26歳〜35歳

シミや小じわができる時期、老化の兆候が出始める。

 

妊娠、出産する適齢期となり、「エストロゲン」の分泌も安定します。しかし、中には紫外線により小じわ、シミが出来る人があります。

 

この時期になると、成長ホルモンは減少するのでターンオーバーは遅れぎみになります。肌の状態は若干水分量が減ってきます。

 

36歳〜45歳

「エストロゲン」が減り、シワが目立つ時期

 

30代の後期になると卵巣の機能も低下してくるので、「エストロゲン」も減少してきます。すると、コラーゲンも減少して肌の弾力もなくなってきます。毛穴が開いたりシワが目立ち始めます。

 

皮膚のターンオーバーも低下するので、くすみや肌のごわつきも感じるようになります。この年代は、肌の状態が1年ごとに変化するので、肌の状態に合わせたケアがより重要となります。

 

46歳〜55歳

「エストロゲン」が急激に減少、シワ、たるみが劇的に増加

 

50代になって閉経を迎えると、「エストロゲン」は急激に減少します。いわゆる更年期です。

 

線維芽細胞の機能が低下するとコラーゲンが減少するのでシワやたるみが急激に増えてきます。スキンケアや適度な運動を必要とします。規則正しい生活も心掛けたいです。