しわ予防のための肌質チェック

おすすめ

アイクリーム

アイクリーム

ランキング

しわの美容液

しわの化粧水

しわ予防のための肌質チェック!

肌質 チェック

 

自分の肌は、「○○肌」と思いこんでいませんか?間違った思い込みによるスキンケアは、かえって逆効果になり、しわを増やすことになります。

 

しわ予防のためには、まず自分の肌の傾向とその原因をきちんと知ることです。自分の肌は、どのタイプの肌質か?知れば、自然と対策方法も見えてきます。

 

そうすれば、自分に合った化粧品の選び方や使い方も見えてきます。

肌質チェック

あなたの思い当たる項目はどれでしょうか?

 

〜チェック方法〜

 

思い当たる項目が、最も多い内容が「あなたの肌質」です。一番多くチェックがつく型を探してみて下さい。目に見えるトラブルと生活習慣からも診断しています。

 

 

春型お悩み肌

常にニキビや吹き出物ができやすい。毛穴がブツブツ、肌がゴワゴワ。

 

 

□額、小鼻、あごに毛穴が目立つ
□ニキビ、吹き出物ができやすい
□Tゾーンがいつも脂っぽい
□脂っぽいけれど部分的に皮がむける
□不規則なシワがある
□透明感やみずみずしさが足りない
□ニキビ、吹き出物の跡が目立つ
□冬の間は肌の調子が良いと思っている
□毎日、ダブル洗顔している
□オイルクレンジングが好き
□与えるケアより取るケアを重要視している
□秋冬になっても春夏と同じケアをしている
□あぶら取り紙が手放せない
□年を重ねるごとに「テカるのに乾く」がひどくなった

 

夏型お悩み肌

毛穴が大きく、シミができやすい。

 

 

□化粧くずれしやすい
□肌がテカりやすい
□肌のキメが粗い
□毛穴が目立つ
□目元や口元に深いシワがある
□Tゾーンがいつも脂っぽい
□頑固なシミができやすい
□毎日、ダブル洗顔している
□石鹸洗顔が好き
□与えるケアより取るケアを重要視している
□秋冬になっても春夏と同じケアをしている
□化粧水でピリピリとした刺激を感じることがある
□ベタつくので、化粧水は極力使いたくない
□特にクリームには、抵抗を感じる

 

秋型お悩み肌

皮膚が薄く、傷みやすい。

 

 

□化粧のノリが悪く浮いて見える
□目元に細かいシワがある
□皮膚が薄い
□頬が赤紫っぽい
□夏の終わり頃から肌が乾燥する
□敏感肌だと思う
□ティッシュペーパーで顔を拭き取ることがある
□よく顔剃りしている
□化粧品はあっさりとさっぱりしたテクスチャーが好き
□水分よりも油分を重要視している
□オイルでのケアが自分に合っていると思う
□春夏に保湿ケアをあまりしない
□サウナやお風呂が好き

 

冬型お悩み肌

皮膚が分厚い。硬いグレープフルーツみたいな肌。

 

 

□化粧のノリが悪く浮いて見える
□皮膚が硬くごわつく
□肌の色は白い方である
□肌に弾力がない
□アゴの辺りがざらつく
□しっとりとした柔らかさがない
□艶がなく、マットな質感の肌である
□夏の間は肌の調子が良いと思っている
□水分よりも油分を重要視している
□春夏に保湿ケアをあまりしない
□サプリメントやドリンク剤などに頼ることが多い
□クリームはリッチなものに限ると思っている
□化粧品の吸収が悪いと感じる
□科学繊維の洋服を身につけることが多い

 

 

 

 

どの型に当てはまったでしょうか?しっかりと自分の肌を見極めてケアをしていきましょう。

 

トップページに戻る