ヒトオリゴペプチド(EGF,FGF)とは?

おすすめ

アイクリーム

アイクリーム

ランキング

しわの美容液

しわの化粧水

ヒトオリゴペプチド(EGF,FGF)はしわを改善させる成分!

EGF「上皮成長因子」(ヒトオリゴペプチド-1とは?)

EGF「上皮成長因子」(ヒトオリゴペプチド-1は、53のアミノ酸で構成されたたんぱく質で、肌の表面のターンオーバーを活発にしてくれるもので、元々はやけどの皮膚を再生するものとして用いられてきましたが、それがシワにも効果が認められることが分かりました。

 

参考までに年代別のターンオーバーの期間をみると・・・

 

年齢

ターンオーバーの周期

10代

20日

20代

28日

30代

40日

40代

55日

50代

75日

60代

100日

 

 

 

EGFを塗ってみると・・・?

 

表皮新生細胞の成長 →  平均284%促進されることが発見された

 

 

EGFは、アメリカ化学者スタンリー・コーエン博士によって1962年に発見され、1986年にはノーベル生理医学賞を受賞する偉業となりました。

 

 

EGFの美容効果

しわ 改善

 

 

■EGFの美容効果

・肌の細胞が活性化され、新しい細胞が成長するので、しわやシミを予防し、年齢とともに遅くなるターンオーバーを早めてくれる作用をする。

 

・肌の細胞を正常にしてくれ、吹き出物、にきびを改善してくれる。

 

・肌の乾燥を抑えて、キメを整えてくれる。

 

FGF「線維芽細胞増殖因子」(ヒトオリゴペプチド-13)とは?

EGFは、肌の表面に作用しますが、もう一つ注目されているのが、FGFという肌の奥深くで作用してくれるペプチドがあるのです。FGFは、23種類あるとされていますが、その中でシワに関して注目されているのが、FGF-1の酸性線維芽細胞成長因子です。

 

EGFとFGF

 

なぜ注目されているかというと・・・

 

美容成分のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の分泌を高めてくれ、肌の奥にハリを与えてくれ、たるみとしわを改善してくれるからです。

 

エイジングケアに取り入れたいEGF・FGFの併用効果

シワが気になる人にとって、エイジングケアは大切です。その決め手になるのが、EGFとFGFの両方を使用すると皮膚の老化を抑える作用があることが分かりました。

 

それが、ブラウン博士の「皮膚老化を抑制する方法」というものです。

 

この方法は、1997年、アメリカのブラウン博士が、EGF、FGFの両方を使用してみると、真皮のコラーゲンが平均1.8倍増加したというのです。

 

 

つまり、EGFの肌表面への作用とFGFの真皮に働く肌の奥から作用する二つの美容成分を合体させれば、理想的なエイジングケア化粧品の出来上がりとなるのです。

 

このEGF,FGFを両面でケアすることで、表面と真皮が活性化しハリと艶が出て、シワ予防ができ若々しい肌が保たれるということです。

EGF・FGFの二つの働きを取り入れた化粧品

セルビック

 

■EGF・FGFを取り入れた化粧品

 

セルビック Eエッセンス・Fエッセンス5Days透明感実感セット

 

ヒトオリゴペプチド

 


■製品の特徴

 

・EGFでターンオーバーを活性化して透明感、キメを整える

 

・FGFで、コラーゲンの分泌量が増加、毛穴を引き締め、ハリを持たせてくれる

 

・ターンオーバーの期間が縮まる (平均284%促進)

 

・EGF・FGFを併用することで、コラーゲン分泌量が増える(平均284%促進)

 

■詳細はこちら
EGF美容液ならセルビック